2019/06/22:梅原先生(理研),岡部先生(東大)との再構成クロマチンを用いたヒストンアセチル化のRNA転写への影響の定量解析に関する共同研究論文がプレプリントで公開されました

Masatoshi Wakamori, *Kohki Okabe, Kiyoe Ura, Takashi Funatsu, *Masahiro Takinoue, *Takashi Umehara, “Quantification of the effect of site-specific histone acetylation on chromatin remodeling rate”, bioRxiv, Preprint, (2019). DOI: https://doi.org/10.1101/679944 link
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/679944v1

カテゴリー: News パーマリンク