国内学会/セミナー発表

2018

  • 中島裕司, 佐藤佑介, 瀧ノ上正浩, “油中水滴界面を利用したDNAハイドロゲルマイクロカプセルの構築”, 第5回分子ロボティクス若手の会, 口頭発表, 11月17日, 2018, 東京工業大学田町キャンパス, 東京
  • 佐藤佑介,瀧ノ上正浩,“DNAナノ構造の相転移制御による情報を持つ液滴の創出“,化学とマイクロ・ナノシステム学会 第38回研究会(CHEMINAS38), ポスター発表,3P28,2018年10月30日-11月1日,札幌市民交流プラザ,札幌
  • 佐藤佑介,瀧ノ上正浩,“配列設計と相転移の制御によるDNA液滴の創出“,ポスター発表,「細胞を創る」研究会11.0,2018年10月18-19日,2017,東北大学サイエンスキャンパスホール,仙台
  • 笠原悠,佐藤佑介,瀧ノ上正浩,“光照射によるDNAマイクロ構造体の形成と熱力学的特性の解析“,ポスター発表,「細胞を創る」研究会11.0,ポスター発表,10月18-19日,2018,東北大学サイエンスキャンパスホール,仙台
  • Hiroki Watanabe, Ryuji Kawano, Masahiro Takinoue,“Design and analysis of DNA network with consciousness based on integrated information theory”, 第56回日本生物物理学会, ポスター発表, 3Pos420, 9月15-17日, 2018, 岡山大学津島キャンパス, 岡山
  • Yuji Nakashima, Yusuke Sato, Yu Kasahara, Masahiro Takinoue, “Construction of DNA hydrogel microcapsules using water-in-oil droplet interface”, 第56回日本生物物理学会, ポスター発表, 3Pos402, 9月15-17日, 2018, 岡山大学津島キャンパス, 岡山
  • Yu Kasahara, Yusuke Sato, Masahiro Takinoue,“Analysis of the thermodynamic property of DNA microstructures formed by photo-irradiation”, 第56回日本生物物理学会, ポスター発表, 2Pos048, 9月15-17日, 2018, 岡山大学津島キャンパス, 岡山
  • Yusuke Sato, Masayuki Endo, Masamune Morita, Masahiro Takinoue, Hiroshi Sugiyama, Satoshi Murata, Shin-ichiro M. Nomura, and Yuki Suzuki,“Environment-dependent assembly of DNA nanostructures on phase-separated lipid bilayer membranes”, 第56回日本生物物理学会, ポスター発表, 3Pos412, 9月15-17日, 2018, 岡山大学津島キャンパス, 岡山
  • Tetsuro Sakamoto, Masamune Morita, Masahiro Takinoue, “Numerical simulation of phase separation-based formation of cell nucleus-like DNA gel capsule”, 第56回日本生物物理学会, ポスター発表, 2Pos049, 9月15-17日, 2018, 岡山大学津島キャンパス, 岡山
  • 渡邉理佐 , 森田雅宗, 柳澤実穂 , 瀧ノ上正浩, “RNA 転写可能な DNAマイクロゲル構造体の構築 ”, 第7回日本生物物理学会関東支部会 , 3月13-14 日 , 2018, 東京大学駒場Iキャンパス21 KOMCEE West レクチャーホール, 東京
  • 渡邉理佐 , 森田雅宗, 柳澤実穂 , 瀧ノ上正浩, “RNA 転写可能な DNA マイクロ構造体の構築”, 第1回分子ロボティクス年次大会 , ポスター発表, 3 月 5-6日, 2018, 東北大学 片平さくらホール , 宮城
  • 渡邉弘貴, 川野竜司, 瀧ノ上正浩, “統合情報理論に基づく意識を持つDNA反応ネットワークの構築”, 第1回分子ロボティクス年次大会, ポスター発表, No. P-30, 3月5-6日, 2018, 東北大学片平キャンパス, 宮城
  • 笠原悠, 渡邉理佐, 瀧ノ上正浩, “光によるDNAマイクロゲルの構造制御”, 第1回分子ロボティクス年次大会, ポスター発表, No.P-31, 3月5-6日, 2018, 東北大学片平キャンパス, 宮城
  • Marcos Masukawa, Masayuki Hayakawa, Masahiro Takinoue, “Reverse micelle charging on particle control and soft microrobot actuation”, 第1回分子ロボティクス年次大会,口頭発表, No. O-2-1, 3月5-6日, 2018,東北大学片平さくらホール, 仙台
  • 土屋美恵, 石川大輔, 川野竜司, 瀧ノ上正浩, “光応答性DNAオリガミの導入による細胞型分子ロボットの機能構築と解析”, 第1回分子ロボティクス年次大会, ポスター発表, 3月 5-6日, 2018, 東北大学片平キャンパス, 宮城

2017

  • 渡邉理佐 , 森田雅宗, 柳澤実穂 , 瀧ノ上正浩, “ マイクロ液滴界面を利用した RNA 転写可能なDNA ゲルマイクロ構造体の構築 ”, 第4 回サイボウニクス研究会 , ポスター発表, 12 月 1日, 2017, 東京農工大学 小金井キャンパス 博物館 , 東京
  • 土屋美恵, 石川大輔, 瀧ノ上正浩, “DNAオリガミによる細胞型分子ロボットの光応答機能の構築と解析”, 第4回サイボウニクス研究会, ポスター発表, 12月 1日, 2017, 東京農工大学, 東京
  • 笠原悠, 渡邉理佐, 森田雅宗, 瀧ノ上正浩, “マイクロ液滴界面上でのDNAマイクロ構造体形成のsticky-end依存性の解析”, 第4回サイボウニクス研究会, 口頭発表, No.10, 12月1日, 2017, 東京農工大学小金井キャンパス, 東京
  • 渡邉弘貴, 川野竜司, 瀧ノ上正浩, “DNA論理回路を用いたIITにおける最小意識を生み出すネットワークの設計と解析”, 第4回サイボウニクス研究会, 口頭発表, 12月1日, 2017, 東京農工大学小金井キャンパス, 東京
  • Marcos Masukawa, Masayuki Hayakawa, Masahiro Takinoute, , “Electric manipulation of microbeads with charged reverse micelles”, 第4回サイボウニクス研究会, 口頭発表, No. 4, 12月1日, 2017, 東京農工大学 小金井キャンパス, 東京
  • 渡邉理佐 , 森田雅宗, 柳澤実穂 , 瀧ノ上正浩, “ マイクロ液滴界面を利用した RNA転写可能なDNA マイクロ構造体の構築 ”, 「細胞を創る」研究会 10.0, ポスター発表 , 10月19-20 日 , 2017, 京都教育文化センター, 京都
  • Risa Watanabe, Masamune Morita, Miho Yanagisawa, Masahiro Takinoue, “Construction of artificial cell nuclei with RNA transcription capability using a microdroplet interface”, 第55 回日本生物物理学会 , ポスター発表, 2Pos088, 9 月 19-21日, 2017, 熊本大学 , 熊本
  • Marcos Masukawa, Masahiro Takinoue, “Surfactant role on microbead manipulation by saw-tooth shaped electrode”, 第55回日本生物物理学会年会, 口頭発表, No. 2E1549, 9月19-20日, 2017, Kumamoto Univ. Kurokami North Campus, Kumamoto
  • Hiroki Watanabe, Ryuji Kawano, Masahiro Takinoue, “人工細胞でのDNA論理回路を用いた最小限の意識を生み出すオートマトン (Automata that generates minimum consciousness using DNA logic circuits in artificial cells) ”, 第55回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1Pos206, 9月19-21日, 2017, 熊本大学 黒髪北地区, 熊本
  • Misato Tsuchiya, Daisuke Ishikawa, Yuki Suzuki, Masayuki Endo, Masahiro Takinoue, “DNA分子ロボットのためのマイクロドロップレットの機械的安定性評価 (Evaluation of mechanical stability of microdroplet-based DNA molecular robots.)”, 第55回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1Pos209, 9月19-21日, 2017, 熊本大学黒髪北地区, 熊本
  • Yu Kasahara, Risa Watanabe, Masahiro Takinoue, “マイクロ液滴界面上での相分離による人工細胞核の形成のDNAユニット依存性の解析(Analyses of DNA unit dependence of artificial cell nuclei formed by phase separation on microdroplet interface)”, 第55回日本生物物理学会, ポスター発表, No.2Pos087 , 9月19-21日, 2017, 熊本大学黒髪北地区, 熊本
  • 渡邉理佐 , 森田雅宗, 柳澤実穂 , 瀧ノ上正浩, “ マイクロ液滴界面を利用した RNAを発現するDNA マイクロ構造体の構築 ”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会第35回研究会 , ポスター発表, 2P04, 5 月 22-23日, 2017, 東京工業大学 大岡山キャンパス, 東京
  • マスカワ マルコス、瀧ノ上正浩, “Electrical actuators for apolar media microfluidics”,化学とマイクロ・ナノシステム学会第35回研究会 , ポスター発表, No. 1P08,5 月 22-23日, 2017, 東京工業大学, 東京
  • 土屋美恵, 石川大輔, 鈴木勇輝, 遠藤政幸,瀧ノ上正浩, “両親媒性DNA オリガミによるマイクロ油中水滴の画像解析による定量的安定性評価”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第35回研究会(CHEMINAS35), ポスター発表, No. 1P28, 5月22-23日, 2017, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京

2016

  • 早川雅之,岸野友輔,瀧ノ上正浩,“排除体積効果を利用した定常的な非対称ポテンシャル下における自発運動モデルの構築”第72回日本物理学会, ポスター発表, 3月17-20日, 2017, 大阪大学豊中キャンパス, 大阪
  • 早川雅之,岸野友輔,瀧ノ上正浩,“定常非対称ポテンシャルと排除体積効果により生じる自発運動の解析と数理モデルの構築”第26回非線形反応と協同現象研究会, ポスター発表, No.P30, 12月10-11日, 2016, 明治大学中野キャンパス, 東京
  • Risa Watanabe, Masamune Morita, Miho Yanagisawa, Masahiro Takinoue, “マ イクロ液滴界面を利用したRNA転写配列を有するDNAマイクロ構造体の構築 (Construction of DNA micro-structures with RNA transcription sequences using the interface of microdroplets.)”, 第54回日本生物物理学会, ポス ター発表, No. 1Pos121, 11月25-27日, 2016, つくば国際会議場, 茨城
  • Daisuke Ishikawa, Yuki Suzuki, Chikako Kurokawa, Masayuki Ohara, Misato Tsuchiya,  Masamune Morita, Miho Yanagisawa, Ryuji Kawano, Masayuki Endo, Masahiro Takinoue, “プログラマブルな性質を有するDNA ナノプレートからなるマイクロカプセルの形成, Microcapsular compartments composed of programmable DNA nanoplates”, 第54回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1Pos121, 11月25-27日, 2016, つくば国際会議場, 茨城
  • Misato Tsuchiya, Daisuke Ishikawa, Yuki Suzuki, Masayuki Endo, Masahiro Takinoue, “両親媒性DNAオリガミによるW/Oマイクロエマルションの光応答性観察 (Photo-responsive water-in-oil microemulsion made of amphiphilic DNA origami.)”, 第54回日本生物物理学会, ポス ター発表, No. 1Pos203, 11月25-27日, 2016, つくば国際会議場, 茨城
  • 伊藤真奈美, 瀧ノ上正浩, “ 離散的な相互作用を行う振動子ネットワークの解析”, 第54回 生物物理学会, ポスター発表, 1Pos291, 11月 25-27日, 2016, つくば国際会議場, 茨城
  • Masayuki Hayakawa, Yusuke Kishino, Masahiro Takinoue,“混み合い状況下におけるマイクロ粒子のラチェット輸送(Ratchet transport of microparticles in crowded conditions.)”, 第54回日本生物物理学会, ポスター発表, No.1Pos292, 11月25-27日, 2016, つくば国際会議場, 茨城
  • 渡邉理佐, 森田雅宗, 瀧ノ上正浩, “マイクロ液滴界面を利用したRNA転写配列を 有するDNAフラクタルマイクロ構造体の構築(Construction of DNA fractal micro-structures with RNA transcription sequences using the interface of microdroplets.)”,「細胞を創る」研究会9.0, ポスター発表, P-70, 11月 21-22日, 2016, 早稲田大学早稲田キャンパス・井深大記念ホール, 東京
  • 伊藤真奈美, 瀧ノ上正浩, “相互作用が時間離散的に変化するシステムにおけるパターン生成”, 「細胞を創る」研究会 第33回研究会 9.0, ポスター発表, 11月 21-22日, 2016, 早稲田大学 国際会議場 井深大記念ホール, 東京
  • 石川大輔, 鈴木勇輝, 黒川知加子, 大原正行, 土屋美恵, 森田雅宗, 柳澤実穂, 遠藤政幸,瀧ノ上正浩, “DNAナノ構造体の油水界面集積によるマイクロカプセル形成”, 「細胞を創る」研究会9.0, ポスター発表, No. P-57, 11月21-22日, 2016, 早稲田大学早稲田キャンパス・井深大記念ホール, 東京
  • 早川雅之,岸野友輔,瀧ノ上正浩,“定常電場下で密度依存的に生じるマイクロ粒子集団輸送の解析”, 非線形ソフトマター研究会2016, 10月29-30日, 2016, 横浜市民ふれあいの里, 神奈川
  • 早川雅之,岸野友輔,瀧ノ上正浩,“鋸歯型電場によるマイクロ粒子の輸送”,第4回分子ロボティクス若手の会, 8月 20日, 2016, しいのき迎賓館, 石川
  • 石川大輔, 鈴木勇輝, 黒川知加子, 大原正行, 森田雅宗, 柳澤実穂, 遠藤政幸,瀧ノ上正浩, “分子センシングマイクロシステム構築へのアプローチ”, 第4回分子ロボティクス若手の会, ポスター発表, 8月20日, 2016, 石川県政記念しいのき迎賓館, 石川
  • 石川大輔, 鈴木勇輝, 黒川知加子, 大原正行, 森田雅宗, 柳澤実穂, 遠藤政幸, 瀧ノ上正浩, “疎水性を付与したDNA ナノプレートによるマイクロカプセル作製”, 「分子ロボティクス研究会」2016年6月 定例研究会, 口頭発表, 6月11日, 2016, 東京工業大学 田町キャンパス, 東京
  • 早川雅之,岸野友輔,瀧ノ上正浩,“ラチェット電場により引き起こされるマイクロビーズの集団運動”, 第10回自己組織化討論会, 6月25-26日, 2016, 山岸園, 静岡
  • 石川大輔, 鈴木勇輝, 黒川知加子, 森田雅宗, 柳澤実穂, 遠藤政幸, 瀧ノ上正浩, “油水界面を集積場として利用した DNA ナノ構造体のマイクロカプセル化”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第33回研究会 (CHEMINAS33), ポスター発表, No. 2P26, 4月 25-26日, 2016, 東京大学生産技術研究所, 東京(優秀研究賞受賞
  • 森田雅宗, 石川大輔, 野村 M. 慎一郎, 村田智, 柳澤実穂, 瀧ノ上正浩, “荷電脂質膜界面における DNA ミクロ構造の形成”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第33回研究会 (CHEMINAS33), ポスター発表, No. 2P27, 4月 25-26日, 2016, 東京大学生産技術研究所, 東京
  • 伊藤真奈美, 杉浦晴香, 鮎川翔太郎, 木賀大介, 瀧ノ上正浩, “Droplet microfluidics によるバクテリア連続培養システム”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第33回研究会 (CHEMINAS33), ポスター発表, No. 3P11, 4月 25-26日, 2016, 東京大学生産技術研究所, 東京

2015

  • 杉浦晴香, 伊藤真奈美, 奥秋知也, 森義仁, 北畑裕之, 瀧ノ上正浩, “コンピュータ・分子ハイブリッド型人工細胞のための制御システム”, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015 (SSI2015), ポスター発表, 11月18-20日, 2015, 函館アリーナ, 函館
  • 杉浦晴香, 伊藤真奈美, 奥秋知也, 森義仁, 北畑裕之, 瀧ノ上正浩, “ンピュータ制御によるマイクロ水滴型人工細胞 (Computer-aided artificial cell based on microdroplets)”, 「細胞を創る」研究会8.0, ポスター発表, 11月12-13日, 2015, 大阪大学吹田キャンパス・銀杏会館, 大阪
  • 森田雅宗,瀧ノ上正浩, 生体分子を用いて細胞サイズの小胞を創る, 「細胞を創る」研究会8.0,ポスター発表, P-37, 11月12-13日, 2015, 大阪大学吹田キャンパス銀杏会館, 大阪
  • 石川大輔,鈴木勇輝,森田雅宗,遠藤政幸,瀧ノ上正浩,”両親媒性DNAオリガミを用いたマイクロカプセルの構築(Microcapsular architecture by self-assembly of amphiphilic DNA origami)”,「細胞を創る」研究会8.0,ポスター発表,11月12~13日,No. P22, 大阪大学吹田キャンパス,大阪
  • Manami Ito, Haruka Sugiura, Shotaro Ayukawa,Daisuke Kiga, and Masahiro Takinoue, “バクテリアケモスタットのためのマイクロ流体デバイスの構築 (Microfluidic chemostat for cell density control)”, 「細胞を創る」研究会 8.0,ポスター発表,P-32,11月12-13日, 2015, 大阪大学吹田キャンパス, 大阪
  • 梅山智史,早川雅之,森田雅宗,瀧ノ上正浩,“組織モデルを目指したハニカム型 マイクロゲルネットワークの構築(Construction of microgel network with honeycomb structure for tissue model)”,「細胞を創る」研究会8.0,ポスター発表11月12-13日,2015,大阪大学吹田キャンパス・銀杏会館,大阪
  • Masamune Morita, Masahiro Takinoue, “Synthesis of Cell-Sized Liposomes and Droplets by Centrifugal Capillary Based Microfluidic Device”, CBI Annual Meeting 2015, Poster, P5-30, Oct. 27-29, 2015, Tower Hall Funabori, Tokyo, Japan
  • Masahiro Takinoue, Haruka Sugiura, Manami Ito, Hiroyuki Kitahata, Yoshihito Mori, “􏰉􏰊􏰋􏰌􏰂􏰃􏰍􏰎􏰊􏰏􏰐􏰑􏰒􏰓􏰔􏰕􏰖􏰗􏰘􏰙􏰚􏰛􏰜􏰝􏰞􏰟􏰋􏰠􏰉􏰊􏰋􏰌􏰂􏰃􏰍􏰎􏰊􏰏􏰐􏰑􏰒􏰓􏰔􏰕􏰖􏰗􏰘􏰙􏰚􏰛􏰜􏰝􏰞􏰟􏰋􏰠マイクロ流体デバイスによる非平衡開放系型人工細胞リアクタ (Microfluidic nonequilibrium open-type artificial-cell reactor)”, 日本流体力学会 年会2015 , 口頭発表, 9月26-28日, 2015, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京
  • Daisuke Ishikawa, Yuki Suzuki, Masamune Morita, Masayuki Endo, Masahiro Takinoue, “Microsize capsule formed by self-assembly of DNA structures(DNA構造の自己組織化によるマイクロサイズカプセルの形成)”, 第53回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2Pos145, 9月13-15日, 2015, 金沢大学角間キャンパス, 金沢
  • Satoshi Umeyama, Masayuki hayakawa, Masamune Morita, Masahiro Takinoue,
    “ハニカム構造を有するマイクロゲルネットワークの構築(Construction of microgel network with honeycomb struture)”,第53回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1Pos224, 9月13-15日, 2015, 金沢大学角間キャンパス, 金沢
  • Manami Ito, Haruka Sugiura, Shotaro Ayukawa,Daisuke Kiga, and Masahiro Takinoue, “バクテリアケモスタットのためのマイクロ流体デバイスの構築(Microfluidic chemostat for cell density control)”, 第53回日本生物物理学会, ポスター発表, No.3Pos200, 9月13-15日, 2015, 金沢大学角間キャンパス, 金沢
  • Tomoya Okuaki, Haruka Sugiura, Ryuji Kawano, Masahiro Takinoue, “微小液滴を用いた非線形化学反応間の相互作用の制御 (Control of the interaction among nonlinear chemical reactions based on microdroplets)”, 第53回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2Pos201, 9月13-15日, 2015, 金沢大学角間キャンパス, 金沢
  • Masamune Morita, Miho Yanagisawa, Shogo Hamada, Shin-ichiro M. Nomura, Satoshi Murata, Masahiro Takinoue, “脂質膜表面上での自己組織化されたDNAナノ構造体の構築”, “Construction of self-assembled DNA nanostructures on lipid membrane surface”, 第53回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1Pos153, 9月13-15日, 2015, 金沢大学角間キャンパス, 金沢
  • Haruka Sugiura, Manami Ito, Tomoya Okuaki, Yoshihito Mori, Hiroyuki Kitahata, Masahiro Takinoue, “パルス密度制御による小胞型非平衡開放系リアクタ (Vesicular nonequilibrium open reactor regulated by pulse-density modulation)”, 第53回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1Pos201, 9月13-15日, 2015, 金沢大学角間キャンパス, 金沢
  • 梅山智史,早川雅之,森田雅宗,瀧ノ上正浩,“人工細胞組織を目指したハニカム型 マイクロゲルネットワーク”,第2回分子ロボティクス若手の 会,ポスター発表,8月1日,2015,東京工業大学田町キャンパス,東京
  • Manami Ito, Haruka Sugiura, Shotaro Ayukawa,Daisuke Kiga, and Masahiro Takinoue, “細胞密度制御の可能なマイクロ流体デバイスの構築”, 第2回分子ロボティクス若手の会, ポスター発表, No.9, 8月1日, 2015, 東京工業大学田町キャンパス, 東京
  • 早川雅之, 瀧ノ上正浩,“鋸歯型電場間で生じるマイクロビーズの集団輸送”,第2回分子ロボティクス若手の会, ポスター発表, No. 1, 8月 1日, 2015, 東京 工業大学田町キャンパス, 東京
  • 早川雅之, 瀧ノ上正浩, “鋸歯型定常電場により生じるマイクロビーズの集団輸送”,
    第9回自己組織化討論会, 6月 11-12日, 2015, 山岸園, 伊東
  • 石川大輔,”界面膜分子の力学操作とDNA三次元構造体作製”, 第1回分子ロボティクス若手の会,口頭発表,発表6,6月5日,2015,東北大学青葉山キャンパス,仙台
  • 早川雅之, 瀧ノ上正浩, “直流不均一電場下で駆動するマイクロビーズ集団の運動モデル構築”, 日本物理学会, ポスター発表, No. 22pPSA-20, 3月21-24日, 2015, 早稲田大学・早稲田キャンパス, 東京
  • 杉浦晴香, 伊藤真奈美, 北畑裕之, 森義仁, 瀧ノ上正浩, “非平衡人工細胞における非線形化学反応の解析”, 日本物理学会, ポスター発表, No. 22pPSA-70, 3月21-24日, 2015, 早稲田大学・早稲田キャンパス, 東京

2014

  • 杉浦晴香, 伊藤真奈美, 北畑裕之, 森義仁, 瀧ノ上正浩, “マイクロ液滴を用いた非平衡人工細胞の構築と非線形化学反応の制御”, 第24回非線形反応と協同現象研究会, ポスター発表, No. P12, 12月 6日, 2014, 東京電機大学・東京千住キャンパス, 東京
  • 奥秋知也, 杉浦晴香, 瀧ノ上正浩, “微小液滴を用いた非線形化学反応ネットワークによる情報処理”, 第24回非線形反応と協同現象研究会, ポスター発表, No. P13, 12月 6日, 2014, 東京電機大学・東京千住キャンパス, 東京
  • 小長谷耕平, 柴田賢一, 伊藤公紀, 瀧ノ上正浩, 雨宮隆, “酵母マイクロカプセル化における解糖系振動反応の酵母間相互作用の解析”, 第24回非線形反応と協同現象研究会, ポスター発表, No. P18, 12月 6日, 2014, 東京電機大学・東京千住キャンパス, 東京
  • 早川雅之, 瀧ノ上正浩, “パターニング電極により生じる定常不均一電場下でのマイクロビーズの運動”, 第24回非線形反応と協同現象研究会, ポスター発表, No. P40, 12月 6日, 2014, 東京電機大学・東京千住キャンパス, 東京
  • 瀧ノ上正浩, “ミクロな非平衡場による人工細胞の制御 (Control of an artificial cell in a microscopic nonequilibrium open system)”, 「細胞を創る」研究会7.0, シンポジウム講演, 11月13-14日, 2014, 東京大学弥生キャンパス, 東京
  • Masahiro Takinoue, Haruka Sugiura, Hiroyuki Kitahata, Yoshihito Mori, “油中水滴による非平衡な人工細胞システム (Nonequilibrium artificial cell system based on water-in-oil microdroplet.)”, 第52回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2P282, 9月 25-27日, 2014, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  • Masayuki Hayakawa, Hiroaki Onoe, Ken H. Nagai, Masahiro Takinoue, “自律的に駆動する複雑形状粒子の並進、回転、円運動 (Translational, rational, circular motions of self-driven complex-shaped microparticles.)”, 第52回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2P285, 9月 25-27日, 2014, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  • Satoshi Umeyama, Masayuki Hayakawa, Masahiro Takinoue, “Self-assembly of complex-shaped microgels”, 第52回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 3P317, 9月 25-27日, 2014, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  • Shoya Yasuda, Masayuki Hayakawa, Masahiro Takinoue, “らせん構造を有する異方性マイクロゲルファイバーの作製と制御(Control synthesis of anisotropic hydrogel microfiber with helical structure.)”, 第52回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 3P316, 9月 25-27日, 2014, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  • Masamune Morita, Hao Li, Tomonori Shibata, Hirohide Saito, Masahiro Takinoue. “光応答DNAと細胞サイズリポソームの融合による人工細胞型分子ロボット (Artificial cell-based molecular robots by fusion of light responsive DNA and cell-sized liposomes.)”, 第52回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1P213, 9月 25-27日, 2014, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  • Manami Ito , Haruka Sugiura and Masahiro Takinoue, “細胞濃度制御のためのマイクロ流体ケモスタット(Microfluidic chemostat for cell density control)”, 第52回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2P284, 9月25-27日, 2014, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  • Tomoya Okuaki, Haruka Sugiura, Masahiro Takinoue, “微小液滴を用いた非線 形化学反応間の相互作用 (Interaction among nonlinear chemical reactions based on microdroplets)”, 第52回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2P284, 9月25-27日, 2014, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  • 瀧ノ上正浩,”マイクロ流路による非平衡場の制御と応用”, 第8回自己組織化討論会, 6月29-30日, 2014, 晴海グランドホテル, 東京
  • 安田翔也, 早川雅之, 瀧ノ上正浩, “二重らせん構造を有するマイクロゲルファイバーの生成手法の構築”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第29回研究会, ポスター発表, No. 3P06, 5月 22-23日, 2014, 日本女子大学目白キャンパス, 東京(優秀ポスター賞受賞
  • 早川雅之, 尾上弘晃, 永井健, 瀧ノ上正浩, “化学反応エネルギーにより駆動する複雑形状マイクロゲルの自律的な並進・回転運動”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第29回研究会, ポスター発表, No. 2P06, 5月 22-23日, 2014, 日本女子大学目白キャンパス, 東京
  • 森田雅宗, 尾上弘晃, 柳澤実穂, 藤原慶, 齊藤博英, 瀧ノ上正浩, “遠心式マイクロ流体デバイスによる均一サイズ人工細胞モデル膜小胞の作製”, 化学とマイクロ・ナノシステム学会 第29回研究会, ポスター発表, No. 1P19, 5月 22-23日, 2014, 日本女子大学目白キャンパス, 東京
  • 早川雅之, 尾上弘晃, 永井健, 瀧ノ上正浩, “マランゴニ流と拡散流による微小液滴の変形原理の解明と複雑形状粒子の構築”, 日本物理学会第69回年次大会, ポスター発表, No. 30aPS-91, 3月 27-30日, 2014, 東海大学湘南キャンパス, 神奈川
  • 杉浦晴香, 北畑裕之, 森義仁, 瀧ノ上正浩, “非平衡人工細胞モデルの構築と非線形化学振動反応への応用”, 日本物理学会第69回年次大会, ポスター発表, No. 30aPS-94, 3月 27-30日, 2014, 東海大学湘南キャンパス, 神奈川

2013

  • 早川雅之, 尾上弘晃, 永井健, 瀧ノ上正浩, “マランゴニ流と拡散流を利用した 複雑形状マイクロハイドロゲル粒子高速生成システムの開発”, 化学とマイク ロ・ナノシステム学会 第28回研究会, ポスター発表, No. 1P14, 12月 5-6日, 2013, イーグレひめじ, 姫路(優秀ポスター賞受賞
  • 森田雅宗, 柳澤実穂, 齊藤博英, 尾上弘晃, 瀧ノ上正浩, “遠心式マイクロ流体デバイスを用いて均一サイズの細胞の器を創る”,「細胞を創る」研究会 6.0, ポスター発表, No. P-6, 11月 14-15日, 2013, 慶応義塾大学鶴岡メタボロームキャンパス, 鶴岡
  • 瀧ノ上正浩, 杉浦晴香, 北畑裕之, 森義仁, “非線形化学振動反応のための非平衡人工細胞モデルの構築”,「細胞を創る」研究会 6.0, ポスター発表, No. P-7, 11月 14-15日, 2013, 慶応義塾大学鶴岡メタボロームキャンパス, 鶴岡
  • Masamune Morita, Miho Yanagisawa, Hiroaki Onoe, Masahiro Takinoue, “遠心式マイクロ流体デバイスによる細胞サイズリポソームの作製 (The synthesis of cell-sized liposomes by centrifuge-based microfluidic device.)”, 第51回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 3P209, 10月 28-30日, 2013, 国立京都国際会館, 京都
  • Haruka Sugiura, Masahiro Takinoue, “Oscillations of a genomic DNA in a cell-sized chemically open system”, 第51回日本生物物理学会, ポスター発 表, No. 2PT285, 10月 28-30日, 2013, 国立京都国際会館, 京都
  • Masayuki Hayakawa, Hiroaki Onoe, Ken H. Nagai, Masahiro Takinoue, “遠心 力を利用した複雑形状マイクロハイドロゲル粒子の高速生成 (Centrifuge-based rapid synthesis of complex-shaped microhydrogel particles)”, 第51回日本 生物物理学会, ポスター発表, No. 3P312, 10月 28-30 2013 京都
  • Yuichi Tsuganezawa, Masamune Morita, Shogo Hamada, Shin-ichiro M. Nomura, Kenzo Fujimoto, Satoshi Murata, Masahiro Takinoue,”光応答性分子ロボット 構築のためのDNAマイクロカプセルの設計と作製 (Design and construction of a DNA microcapsule toward light-responsive molecular robot)”, 第51回日本生物物理学会, ポスター発 表, No.3P124, 10月 28-30日, 2013, 国立京都国際会館, 京都
  • Motosugi Murata, Haruka Sugiura, Masahiro Takinoue, “膜の分子透過性へのフィードバック制御のある非平衡系人工細胞の数理解析 (Numerical analysis of non-equilibrium open artificial cell with a feedback control over molecular permeability of the cell membrane)”, 第51回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2P284, 9月 28-30日, 2013, 国立京都国際会館, 京都
  • Hao Li, Hirohide Saito, Masahiro Takinoue, “光刺激により自律的に自己組織化するRNA分子ロボットの構築 (Construction of an RNA molecular robot autonomously self-assembled by light stimulation)”, 第51回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1PT124, 10月 28-30日, 2013, 国立京都国際会館, 京都
  • Masahiro Takinoue, Haruka Sugiura, Hiroyuki Kitahata, Yoshihito Mori: “マイクロドロップレットで構築された非平衡人工細胞の実験的・数理的解析 (Experimental and numerical analyses of microdroplet-based nonequilibrium artificial cells)”, 第51回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2P283, 10月 28-30日, 2013, 国立京都国際会館, 京都
  • 早川雅之,尾上弘晃,永井健,瀧ノ上正浩,”異方性をもつ複雑形状マイクロハイドロゲル粒子作製システムの開発”,バイオ・マイクロシステム研究会, No.BMS-13-043, 10月 8日, 2013, 東京大学生産技術研究所, 東京

2012

  • 瀧ノ上正浩, 杉浦晴香, 森義仁, “非線形化学反応のための細胞サイズCSTR構築に向けたマイクロ流体技術”, 第22回「非線形反応と協同現象」研究会, ポスター, No. 45, 12月 8日, 2012, お茶の水女子大学, 東京
  • 早川雅之, 尾上弘晃, 永井健, 瀧ノ上正浩, “自己駆動粒子への応用を目指した非球形マイクロゲルの作製法”, 「細胞を創る」研究会5.0, ポスター, No. P-45, 11月 21-21日, 2012, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜
  • 津金澤裕一, 浜田省吾, 藤本建造, 村田智, 瀧ノ上正浩, “光応答性のあるDNA マイクロカプセルの構築”, 「細胞を創る」研究会5.0, ポスター, No. P-91, 11月 21-21日, 2012, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜
  • 瀧ノ上正浩, 杉浦晴香, 森義仁, “非平衡人工細胞モデルを目指したマイクロ流体技術の開発”, 「細胞を創る」研究会5.0, ポスター, No. P-89, 11月 21-21日, 2012, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜
  • 矢菅浩規, 川野竜司, 瀧ノ上正浩, 辻祐太郎, 大崎寿久, 神谷厚輝, 三木則尚, 竹内昌治, “生体ナノポアを通過するDNAを用いた論理ゲート”, 「細胞を創る」研究会5.0, ポスター, No. P-66, 11月 21-21日, 2012, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜
  • 星健介, 厚美佑輔, 齋藤健, 山下仁義, 松戸里紗, 番匠康雄, 小長谷明彦, 木賀大介, 山村雅幸, 小宮健, 瀧ノ上正浩, “Biomolecular Rocket”, 「細胞を創る」研究会5.0, ポスター, No. P-46, 11月 21-21日, 2012, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜
  • 関根亮二, 山村雅幸, 鮎川翔太郎, 石松愛, 赤間悟, 瀧ノ上正浩, 萩谷昌己,木賀大介, “数値シミュレーションを利用した人工遺伝子回路の設計、および構築”, 「細胞を創る」研究会5.0, 口頭&ポスター, No. P-41, 11月 21-21日, 2012, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜
  • Masayuki Hayakawa, Hiroaki Onoe, Ken H. Nagai, Masahiro Takinoue, “高重力を利用した非球形構造を持つマイクロハイドロゲル粒子の作製法(High-gravity-based synthesizing method for hydrogel microparticles with non-spherical structures)”, 第50回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 1PT224, 9月 22-24日, 2012, 名古屋大学東山キャンパス, 名古屋
  • Masahiro Takinoue, Haruka Sugiura, “非平衡人工細胞モデルのための油中水滴マイクロ流体システム(Droplet-based microfluidic system for nonequilibrium artificial cells)”, 第50回日本生物物理学会, ポスター発表, No. 2PT238, 9月 22-24日, 2012, 名古屋大学東山キャンパス, 名古屋
  • 瀧ノ上正浩, “非平衡人工細胞モデルを目指した油中水滴エマルション技術”, 第4回定量生物学の会, ポスター発表, No. 133, 1月 7-9日, 2012, 名古屋大学東山キャンパス, 名古屋

2011

  • 前田一輝, 尾上弘晃, 瀧ノ上正浩, 竹内昌治, “DNA マイクロカプセルのためのマイクロゲルビーズ作製法の開発(Development of a centrifuge-based micro-gel-particle generation device toward the construction of DNA microcapsules)”, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2011 (SSI2011), 口頭発表,  No.3B1-3, 11月 23日, 2011, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京
  • 浜田省吾, 瀧ノ上正浩, 葛谷明紀, 村田智, “BIOMOD2011:概要と日本チームの軌跡”, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2011 (SSI2011), 口頭発表,  No.3B3-1, 11月 23日, 2011, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京
  • 光成更, 井上貴彦, 林孝文, 河村秀樹, 喜屋武竜一, 菅谷快斗, 張子聡, 松川寛, 川又生吹, 萩谷昌己, 小長谷明彦, 木賀大介, 山村雅幸, 小宮健, 瀧ノ上正浩, “マイクロサイズの分子ロボット「DNA繊毛虫」の開発”, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2011 (SSI2011), 口頭発表,  No.3B3-2, 11月 23日, 2011, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京
  • Masahiro Takinoue, “Investigation of a nonequilibrium artificial cell model based on a droplet microfluidics”, 「細胞を創る」研究会4.0, No.P-8, 10月 24-28日, 2011, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪
  • Sara Mitsunari, Kiyohiko Inoue, Takafumi Hayashi, Hideki Kawamura, Ryuichi Kyan, Kaito Sugaya, Zicong Zhang, Hiroshi Matsukawa, Ibuki Kawamata, Masami Hagiya, Akihiko Konagaya, Daisuke Kiga, Masayuki Yamamura, Ken Komiya, Masahiro Takinoue, “Construction of a micrometer-sized molecular robot ‘DNA ciliate’ “, 「細胞を創る」研究会4.0, No.P-92, 10月 24-28日, 2011, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪
  • Ryoji Sekine, Masayuki Yamamura, Shotaro Ayukawa, Kana Ishimatsu, Satoru Akama, Masahiro Takinoue, Masami Hagiya, Daisuke Kiga, “Tunable phenotypic diversity by a synthetic genetic circuit through autonomous signaling on Waddington’s landscape”, 「細胞を創る」研究会4.0, No.P-70, 10月 24-28日, 2011, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪
  • 瀧ノ上正浩, “Microfluidic technology toward the construction of nonequilibrium artificial cells(非平衡な人工細胞モデルのためのマイクロ流体技術とDNAナノテクノロジー)”, 日本生物物理学会 第49回年会, 口頭発表, No.3J1024, 9月 16-18日, 2011, 兵庫県立大学姫路書写キャンパス, 姫路
  • 前田一輝, 瀧ノ上正浩, 尾上弘晃, 竹内昌治, “遠心機を用いたマイクロゲルビーズ生成法”, バイオ・マイクロシステム(BMS)研究会(電気学会), 口頭発表BMS-11-008, 6月 30日, 2011, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 横浜
  • 前田一輝, 尾上弘晃, 瀧ノ上正浩, 竹内昌治, “DNAナノカプセル構築へ応用可能な遠心マイクロゲルビーズ作製法の開発”, 分子ロボティクス研究会, 口頭発表, 6月 24日, 2011, 東京工業大学田町キャンパス, 東京
  • 瀧ノ上正浩, 尾上弘晃, 竹内昌治, “非平衡人工細胞モデルのための W/O microdroplet の溶液交換”, 第23回 化学とマイクロ・ナノシステム研究会 Poster PA19, 6月 10-11日, 2011, 千葉大学西千葉キャンパス, 千葉
  • 稲森貴一, 尾上弘晃, 瀧ノ上正浩, 竹内昌治, “遠心機を利用した1細胞封入ゲルの作製”, 第11回東京大学生命科学シンポジウム, Poster PB-017, 6月 4日, 2011, 東京大学本郷キャンパス, 東京

2010

  • 瀧ノ上正浩, 大崎寿久, 川野竜司, 森宣仁, 太田禎生, 倉員智瑛, 外岡大志, 吉澤聡子, 竹内昌治, “マイクロ技術による膜タンパク質機能解析システムの構築”, 第36回生体エネルギー研究会&特定領域研究「革新的ナノバイオ」合同シンポジウム「膜超分子モーターの革新的ナノサイエンス」, Poster No.P1-21, 11月 18日, 2010, 大阪
  • 瀧ノ上正浩, 尾上弘晃, 竹内昌治, “生命の非平衡性・自律性と細胞サイズ反応系”, 「細胞を創る」研究会3.0, Poster No.P-14, 11月 12-13日, 2010, 東京
  • 瀧ノ上正浩, 吉川研一, “細胞サイズ物体の実空間における二次元リミットサイクル運動”, 「細胞を創る」研究会3.0, Poster No.P-15, 11月 12-13日, 2010, 東京
  • 外岡大志, 瀧ノ上正浩, 竹内昌治, “上下に脂質膜を持つマイクロチャンバーの作製”, 「細胞を創る」研究会3.0, Poster No.P-26, 11月 12-13日, 2010, 東京
  • 倉員智瑛, 瀧ノ上正浩, 栗林(繁富)香織, 竹内昌治, “鞭毛を用いたリポソームの駆動”, 「細胞を創る」研究会3.0, Poster No.P-58, 11月 12-13日, 2010, 東京
  • 田端和仁, 瀧ノ上正浩, 倉員智瑛, 額賀理, 山本敏, 杉山正和, 竹内昌治, 野地博行, “バクテリア再構成デバイスの開発”, 「細胞を創る」研究会3.0, Poster No.P-21, 11月 12-13日, 2010, 東京
  • 瀧ノ上正浩,厚見悠,吉川研一, “Two-dimensional limit cycle oscillation in real space”, New Horizon on “Spatio-Temporal Order”:Current Development and Future Prospect(時空間秩序研究:その新地平と将来展望), Poster No. P22, 11月 12日, 2010, 京都
  • 外岡大志, 瀧ノ上正浩, 竹内昌治, “上下に脂質膜を持つマイクロチャンバーの作製”, 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, Poster No. P-6-10, 10月 14-15日, 2010, 島根県松江市
  • Masahiro Takinoue, Hiroaki Onoe,Shoji Takeuchi, “融合分裂を利用したリン脂質ベースの細胞サイズ油中水滴のダイナミック濃度変換 (Dynamic changing of solution concentration of phospholipid-based cell-sized microdroplet reactors based on electrofusion and hydrodynamic fission)”, 日本生物物理学会 第48回年会, Poster No. 2P347, 9月 20-22日, 2010, 仙台
  • Kazuhito V. Tabata, Masahiro Takinoue, Tomoaki Kurakazu,Shoji Takeuchi, Hiroyuki Noji, “バクテリア再構成デバイスの検討 (Attempt to reconstitute a bacterium in the micro fluidic device)”, 日本生物物理学会 第48回年会, Poster No. 3P345, 9月 20-22日, 2010, 仙台
  • 瀧ノ上正浩,吉川研一, “直流電圧で駆動されるロータリー・モータ:液滴の回転運動”, 第21回化学とマイクロ・ナノシステム研究会, Poster No. PA010, 6月 10-11日, 2010, 東京
  • 瀧ノ上正浩,尾上弘晃, 竹内昌治, “ドロップレット溶液交換システム”, 第21回化学とマイクロ・ナノシステム研究会, Poster No. PA009, 6月 10-11日, 2010, 東京
  • 瀧ノ上正浩,吉川研一, “リン脂質に囲まれた液滴の直流電圧下における自発的回転運動”, 第10回東京大学生命科学シンポジウム, Poster No. PB-050, 5月 1日, 2010, 東京
  • 瀧ノ上正浩,尾上弘晃, 竹内昌治, “非平衡開放系マイクロチャンバー”, 第10回東京大学生命科学シンポジウム, Poster No. PB-049, 5月 1日, 2010, 東京

2009

  • 瀧ノ上正浩,陶山明, “ヘアピン型DNAによるナノ分子メモリ (Nano-scaled molecular memory based on hairpin DNAs), 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2009 (SSI2009)”, Oral No. 3B3-2(organized session: バイオナノエンジニアリング), 11月 24-26日, 2009, 東京
  • 堀内浩太, 瀧ノ上正浩,竹内昌治, 村田 智, “DNAマイクロカプセルの開発”, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2009 (SSI2009), Poster No. 3B5-5, 11月 24-26日, 2009, 東京
  • Masahiro Takinoue,Shoji Takeuchi, “A cell-sized semipermeable chamber for biophysics (生物物理学のための細胞サイズ半透膜チャンバー)”, 日本生物物理学会 第47回年会, Poster No. 1P-274, 10月 30日-11月 1日, 2009, 徳島
  • Taishi Tonooka, Masahiro Takinoue, Hiroaki Onoe, Kaori Kuribayashi, Shoji Takeuchi, “Micro-objects driven by Chlamydomonas (クラミドモナスを動力源としたマイクロ構造体の駆動)”, 日本生物物理学会 第47回年会, Oral No. 1TP4-01 & Poster No. 1P-144, 10月 30日-11月 1日, 2009, 徳島
  • 瀧ノ上正浩,竹内昌治, “細胞サイズの半透膜ケージへの生体高分子のカプセル化 〜細胞サイズ非平衡開放系〜”, 「細胞を創る」研究会2.0, Poster No. P-39, 10月 2-3日, 2009, 東京
  • 堀内浩太, 瀧ノ上正浩,竹内昌治, 村田智, “アルギン酸ゲルビーズを用いたDNAマイクロカプセルの構築”, 「細胞を創る」研究会2.0, Poster No. P-38, 10月 2-3日, 2009, 東京
  • 定常直流電場下における微小液滴の実空間循環運動, 厚見悠,瀧ノ上正浩,吉川研一, 日本物理学会 第64回年次大会, Poster No. 30aPS-77 (領域11), 3月 27-30日, 2009, 東京

2008

  • 瀧ノ上 正浩, 馬 躍, 吉川 研一, “Modeling of a living cell taking account of the effect of nonequilibrium open system by biomembrane (生体膜による非平衡開放系の効果を取り入れた細胞の生命機能モデリング)”, 日本生物物理学会 第46回年会, Poster No. 2P304, 12月 3-5日, 2008, 福岡
  • 瀧ノ上 正浩, 馬 躍, 吉川 研一, “Mathematical model and real-world model for the synthesis of cell functions including nonequilibricity of biomembrane and on/off characteristics of giant DNA”, The 17th CDB Meeting -Towards Synthesis of Cells-, Poster No. P13, 10月 14-15日, 2008, 神戸
  • 瀧ノ上 正浩, 馬 躍, 吉川 研一, “How nonequilibricity concerns the mechanism of self-regulation in living cell?”, 第18回 日本数理生物学会大会, Poster No. P-40, 9月 16-18日, 2008, 京都

2007

  • 瀧ノ上 正浩, 木賀 大介, 庄田 耕一郎, 陶山 明, “自律的なDNA/RNA分子反応で構成された振動系 (Oscillatory system constructed with autonomous DNA/RNA molecular reactions)”, 日本生物物理学会 第45回年会, Oral/Poster No. 1P302, 12月 21-23日, 2007, 横浜
  • 瀧ノ上 正浩, 木賀 大介, 庄田 耕一郎, 陶山 明, “自律的な核酸分子コンピュータによる新規オシレータの数値解析”, 「細胞を作る」研究会 0.0, Poster No. 13, 11月 26日, 2007, 東京
  • 庄田 耕一郎, 木賀 大介, 瀧ノ上 正浩, 豊田 太郎, 景山 義之, 菅原 正, 陶山 明, “細胞サイズのリポソーム中での自律型DNAコンピューティング (Autonomous DNA computing in cell-sized liposome)”, 日本生物物理学会 第45回年会, Poster No. 2P280, 12月 21-23日, 2007, 横浜
  • 北島 哲郎, 瀧ノ上 正浩, 庄田 耕一郎, 陶山 明, “ハイブリダイゼーション速度が速くなるように考慮されたDNA配列の設計手法 (Method of designing DNA sequences which hybridize rapidly)”, 日本生物物理学会 第45回年会, Oral/Poster No. 1P135, 12月 21-23日, 2007, 横浜
  • 金 建佑, 遠藤 峻彦, 瀧ノ上 正浩, 藤本 建造, 庄田 耕一郎, 陶山 明, “フォトライゲーションを用いた金表面上でのDNA-ROMの実現 (DNA-ROM based on photoligation and DNA molecular addressing on a gold surface)”, 日本生物物理学会 第45回年会, Poster No. 1P313, 12月 21-23日, 2007, 横浜
  • 庄田 耕一郎, 木賀 大介, 瀧ノ上 正浩, 菅原 正, 陶山 明, “人工細胞モデルとしての分子コンピュータ内臓リポソーム”, 「細胞を作る」研究会 0.0, Poster No. 12, 11月 26日, 2007, 東京

2006

  • Masahiro Takinoue, Daisuke Kiga, Koh-ichiroh Shohda, Akira Suyama, “Oscillatory feedback network constructed with an autonomous molecular computing system”, 日本生物物理学会 第44回年会 (第5回東アジア生物物理学会合同), Poster No. 2P478, 11月 12-16日, 2006, 沖縄
  • Koh-ichiroh Shohda, Daisuke Kiga, Masahiro Takinoue, Yoshiyuki Kageyama, Tadashi Sugawara, Akira Suyama, “A liposome containing an autonomous DNA computing system inside”, 日本生物物理学会 第44回年会 (第5回東アジア生物物理学会合同), Poster No. 2P471, 11月 12-16日, 2006, 沖縄
  • Takahiko Endoh, Masahiro Takinoue, Akira Suyama, “Molecular addressing enlarge the capacity of DNA molecular memory immobilized on a substrate”, 日本生物物理学会 第44回年会 (第5回東アジア生物物理学会合同), Poster No. 2P501, 11月 12-16日, 2006, 沖縄
  • Daisuke Kiga, Masahiro Takinoue, Koh-ichiroh Shohda, Akira Suyama, “Autonomous DNA computer for SNP analysis”, 日本生物物理学会 第44回年会 (第5回東アジア生物物理学会合同), Poster No. 2P572, 11月 12-16日, 2006, 沖縄
  • 木賀 大介, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “試験管内に構築した人工遺伝子回路によるSNPタイプ解析”, 第8回 日本RNA学会年会 (RNAミーティング), Oral Presentation, 7月 18-20日, 2006, 淡路

2005

  • 木賀 大介, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “自律的に動作する生体高分子システムのde novo構成”, 第28回 日本分子生物学会 年会, Oral Presentation No. YG4H-6, 12月 7-10日, 2005, 福岡
  • 木賀 大介, 瀧ノ上 正浩, 庄田 耕一郎, 景山 義之, 豊田 太郎, 菅原 正, 陶山 明, “RTRAC (自律型分子コンピュータ) の理学・工学応用に向けた技術基盤の構築”, 日本生物物理学会 第43回年会, Poster No. 3P352, 11月 23-25日, 2005, 札幌
  • 遠藤 峻彦, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “基板上に固定したヘアピンDNAを用いた大容量分子メモリ”, 日本生物物理学会 第43回年会, Poster No. 2P126, 11月 23-25日, 2005, 札幌
  • 北島 哲郎, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “DNAのHybridization反応の速度論的解析”, 日本生物物理学会 第43回年会, Poster No. 2P124, 11月 23-25日, 2005, 札幌
  • 瀧ノ上 正浩, 木賀 大介, 陶山 明, “自律的核酸分子計算素子の理論的解析と応用 (A theoretical analysis and applications of an autonomous DNA/RNA-based computation element)”, 日本生物物理学会 第43回年会, Poster No. 3P351, 11月 23-25日, 2005, 札幌

2004

  • 瀧ノ上 正浩, 波多野 佑亮, 陶山 明, “超並列的に動作するヘアピンDNA分子メモリ (A massively parallel memory based on hairpin DNA)”, 日本生物物理学会 第42回年会, Poster No. 2P300, 12月 13-15日, 2004, 京都
  • 波多野 佑亮, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “基板上に固定したヘアピンDNA を用いた分子メモリの開発”, 日本生物物理学会 第42回年会, Poster No. 2P299, 12月 13-15日, 2004, 京都
  • 木賀 大介, 持田 哲宏, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “自律的に動作する分子コンピューターによる核酸配列の変換”, 日本生物物理学会 第42回年会, Poster No. 2P301, 12月 13-15日, 2004, 京都
  • 北島 哲郎, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “Tmが一定範囲内に揃ったDNAのHybridization 反応に関する速度論的研究”, 日本生物物理学会 第42回年会, Poster No. 2P109, 12月 13-15日, 2004, 京都
  • 持田 哲宏, 木賀 大介, 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “核酸増幅技術を用いた自律型生体分子コンピュータ”, 第27回 日本分子生物学会 年会, Poster No. 3PA-318, 12月 8-10日, 2004, 神戸

2003

  • 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “ヘアピン型DNAを利用した分子メモリシステムの構築 (Establishing a molecular memory system based on DNA hairpins)”, 日本生物物理学会 第41回年会, Poster No. B827, 9月 23-25日, 2003, 新潟
  • 瀧ノ上 正浩, 陶山 明, “ヘアピン型DNAを利用した分子メモリシステムの構築 (Development of a molecular memory system based on hairpin DNA)”, 情報計算化学生物学会(CBI学会) 2003年大会, Poster No. 710, 9月 17-19日, 2003, 東京, (優秀ポスター賞受賞